【東京大賞典2017】コパノリッキーは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2017東京大賞典に出走を予定している
コパノリッキーが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、大井競馬場が大好きなMOTOです。

東京在住の私にとって大井競馬場は癒しの場です。

もちろん東京競馬場や中山競馬場なども好きなのですが
大井競馬場には心を落ち着かせる何かがあります。

モツ串やB級グルメなどの渋いお店があるというのも魅力ですし

中央競馬には存在しない予想屋さんが
だみ声でレース予想を熱く語っているというのも魅力です。

またモノレールで行ける場所というのも
テーマパーク感を演出している一つの要因だと言えます。

 

東京大賞典で切るべき人気馬

さて、今週は東京大賞典が行われます。


(写真は2016東京大賞典 アポロケンタッキー)

例年JRAの実力馬同士の戦いになるか
JRAの実力馬vs地方競馬のスターホース

という図式になるレースですが、今年の東京大賞典は
ジャパンダートダービーを勝ったヒガシウィルウィンという馬がいるものの
JRAの実力馬同士の争いとなりそうなレースです。

しかし、JRA所属の馬は7頭しかいないため
買う馬と切る馬の選定をしっかりとしないと馬券になりません。

そんな時こそ有力馬を切っていき、馬券を絞る作業をしたいところですね。

そこで、ここでは2017東京大賞典において
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2017東京大賞典で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

コパノリッキー

です。

 

コパノリッキーは中央・地方を合わせると重賞10勝を挙げている
ダート界のレジェンドといえる馬です。

また、前走のチャンピオンズカップでは強豪を相手に3着に食い込み
前々走のJBCスプリントは不慣れな1200mという距離ながら
2着を確保するなど、ここにきて安定した成績を残している馬です。

そんなコパノリッキーがなぜ馬券を買ってはいけない危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

コパノリッキーの不安要素

前走が楽をしすぎたレースであった点

コパノリッキーの前走は中央場所のGIチャンピオンズカップでしたが
このレースでコパノリッキーは9番人気を人気薄ながら3着と好走しています。

長らく中央のGIで結果が出ていなかったコパノリッキーにとって
チャンピオンズカップ3着という結果は聞こえがいいですが
このレースの内容を見てみると

「ただの前残り」

です。

勝ったゴールドドリームこそ4コーナー11番手から
豪快に差してきましたが

2着 テイエムジンソク → 4コーナー2番手
3着 コパノリッキー → 4コーナー1番手
4着 ケイティブレイヴ → 4コーナー3番手
5着 アウォーディー → 4コーナー7番手

と、ただ前に行った馬達がそのままなだれ込むようなレースでした。

3着という着順だけ見ると評価出来そうですが
実際の内容を見てみると展開に恵まれただけのレース

コパノリッキーとしてはこの上ない楽なレースを経験しており
今回の東京大賞典では、今回以上にタフな競馬になるのは間違いなく
コパノリッキーにとってきつく感じる競馬になる可能性は高いと言えます。

 

短距離へシフトしており、長距離は不安要素

コパノリッキーはフェブラリーステークスを2勝していることから
分かるようにマイルで持ち味を発揮するタイプの馬です。

ここ3年の1800m以上のレースの成績を見てみると、

2017年 チャンピオンズカップ 3着
2016年 東京大賞典 5着
2016年 チャンピオンズカップ 13着
2016年 JBCクラシック 5着
2016年 帝王賞 1着
2015年 東京大賞典 4着
2015年 チャンピオンズカップ 7着
2015年 JBCクラシック 1着

2015年以降でマイル以下のGIを6勝している事を考えると
非常に不安定な成績を残している事が分かります。

このデータからもコパノリッキーは距離を延ばせば延ばすほど
パフォーマンスを落としてしまう馬だという事が分かります。

今回出走する東京大賞典は大井競馬場ダート2000mという条件で行われるレース

過去2年東京大賞典で馬券に絡めていないことを考えると
かなり厳しい条件で行われるレースである事は間違いなく
コパノリッキーが本来持っている力を発揮できない可能性が高く
東京大賞典では苦しいレースになることが予想されます。

 

以上、2つの理由から

2017東京大賞典で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

コパノリッキー

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

コパノリッキーは近走で安定した成績を残しているので
2017東京大賞典でも人気に支持されることが予想されます。

しかし、コパノリッキーの現状の戦力を見てみると
2000mという条件下のGIで上位にくるほどのインパクトはないので
東京大賞典では危険な人気馬となりそうです。

コパノリッキーを外して馬券勝負したいですね。

 

2017東京大賞典で私が注目している馬は
前走展開が向かない中で激走を見せたあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2017年最後の大勝負 東京大賞典!】

有馬記念キタサンブラックに泣いた方、
スワ―ヴリチャードで泣いた方、必見でございます!

直近、軸1頭マルチ予想成績

■23日 中山9R ノエル賞
軸16(2人気)3着入線
3連単102,360円馬券的中(18点)

■24日 中山12R クリスマスカップ
軸13(1人気)1着
単勝290円
3連単35,240円馬券的中(12点)

東京大賞典の注目馬はサウンドトゥルー、コパノリッキー、アポロケンタッキー・・・
しかし今年は少し荒れますよ。

まぁ、あの馬が馬券に絡んできますよ。
複勝でも充分に美味しい馬券になります。

【2017年最後の大勝負!】そして
【2017年最後の大放出!】

東京大賞典の予想は、「俺の競馬」で無料公開!

⇒ 無料予想はコチラ

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。