【2018京成杯】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2018京成杯】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ジェネラーレウーノ 3.0倍
ダブルシャープ 4.2倍
デルタバローズ 5.5倍
ライトカラカゼ 8.3倍
コズミックフォース 8.5倍
イェッツト 10.7倍
タイキフェルヴール 13.4倍
マイハートビート 14.0倍
スラッシュメタル 15.9倍
コスモイグナーツ 16.2倍
エイムアンドエンド 18.1倍
サクステッド 23.8倍
ロジティナ 29.0倍
ギャンブラー 42.7倍
ヤマノグラップル 51.2倍
ジョリルミエール 79.4倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

葉牡丹賞を勝った ジェネラーレウーノ

前走葉牡丹賞を勝ち、2000m戦を連勝しているジェネラーレウーノ

未勝利戦、葉牡丹賞と共に逃げての勝利
父スクリーンヒーロー、母父ロックジブラルタルという血統で
スピードにはやや欠けるもののスタミナを豊富に持ち合わせた馬なだけに
今回相手が強くなる中での芝2000m戦も十分に戦えそうです。

今回の京成杯で好走するようなら一気に皐月賞へ視界が開けてきますね。

キャリア豊富な ダブルシャープ

札幌2歳ステークスで3着の実績があるダブルシャープは
朝日杯フューチュリティステークスを経験しており
今回のメンバーでは最もキャリアが豊富な馬です。

末脚勝負になりやすい阪神芝マイル戦よりも
タフさが求められる京成杯の舞台
中山芝2000m戦はダブルシャープにとっては大歓迎。

豊富なキャリアが物を言う可能性は十分にあります。

中山で新馬戦を勝った イェッツト

新馬戦は中山競馬場の芝1800mで勝利を収めたイェッツト
「イェッツト」は何と呼べばいいのか分からない複雑な名前ですね。

新馬戦は単勝26倍の人気薄だったので
陣営の期待や事前の評判はそれほどでもないと思われますが
上がり最速で新馬戦を勝った内容は評価出来るので
一気の重賞挑戦となる京成杯でも戦える可能性は十分にあります。

パワー勝負が得意そうな デルタバローズ

前走の新馬戦は東京競馬場でのレースでしたが
重馬場でパワーが必要な条件を完勝したデルタバローズ

2着に4馬身の差をつける圧勝で能力の高さを示したうえに
外国血統ゆえにパワー適性が高い事も予想が出来るので
京成杯が行われる中山競馬場替わりはプラスに働きそうで
キャリア1戦ながら侮れない存在です。

ミクロコスモスを母に持つ コズミックフォース

前走の未勝利戦では単勝1.7倍の圧倒的人気に応えて完勝したコズミックフォース
新馬戦こそ3着に敗れましたが、2戦目にはしっかりを変わり身を見せてくれました。

過去2戦は東京競馬場でのレースでしたが、今回の京成杯は中山競馬場のレースになります。
舞台適性は好走の鍵となりますが、母父ネオユニヴァースという点からも
タフな馬場はこなせてくれそうで不安よりも期待が大きい馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ京成杯の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

 

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はG2“日経新春杯”

競馬セブンは先週の中山金杯を強気の1点勝負でしっかりと的中!!

昨年上位入線を果たした馬に注目が集まりますが、競馬セブンでは

「先々を考えればメンバーレベルの低いココが賞金加算の絶好のチャンス。
ただマークされるのはゴメンだからコッソリ勝負して」

という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの日経新春杯馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。