阪神カップ2017枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開予想

Pocket

2017阪神カップの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた阪神カップでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬関係のブロガーあるあるだと思うのですが
変換が訳の分からない文字になってしまうことが多々あります。

一度、カタカナ入力してコンピューターが覚えてくれれば
それでいいのですが、最初に入力するときは「えっ?」というような変換を見せる事があります。

ここ最近で度肝を抜かれた誤変換は

レイデオロ → 例で悪露

ワグネリアン → 和具練案

です。

レイデオロはなんか悪魔みたいな名前になっているし
ワグネリアンはなんかお総菜みたいな名前になってしまいました。


(例で悪露のイメージ)


(和具練案のイメージ)

固有名詞って難しいですね~

さて、今週は有馬記念の前日にビッグレースである阪神カップが行われます。

そんな阪神カップの枠順に対して
人気有力馬が良い枠に収まったのか、悪い枠に収まったのか

という事について話をしていきたいと思います。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の朝日杯フューチュリティステークスで
超自信の1点勝負をきっちりとGET!

今週はGI“有馬記念”

大本命のキタサンブラック、そして3歳馬スワーヴリチャード
ジャパンカップ覇者のシュヴァルグランが人気の中心になりますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツは絶対に買うべき馬」がいるという馬の情報を掴んでいます。

そして、その馬はGI馬ではなく、低評価を受けている馬です。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には先着100名様に無料で教えます
そして、有馬記念の3連単の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、阪神カップの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

阪神カップ(阪神芝1400m)は短距離戦としてはタフなコースで
スピードよりもパワー・スタミナを持っている馬が活躍できる舞台です。

過去10年からみたレースの特徴を見てみても

・外枠が圧倒的に有利なレース

・差しが届かない先行馬有利のレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠2番 イスラボニータ

前走のマイルチャンピオンシップでは5着と見せ場を作れなかった
イスラボニータですが、今回は1枠2番という微妙な枠順となりました。

昨年の阪神カップでは3枠6番を引いて
番手からミッキーアイルを徹底マークする競馬を見せましたが
今年も昨年同様に先行出来るかどうかが大きな鍵となります。

昨年のマイルチャンピオンシップはある程度前の位置取りを取っていたので
阪神カップでも苦労なく、先行策に転じられましたが
今年のマイルチャンピオンシップでは後方からのレースをしている分
先手を取れるかが大きな焦点となります。

先手を取れれば、好位からロス無く競馬が出来るでしょうし
先手を取れなければ、内に包まれるかなりロスの大きい競馬になります。

伸るか反るか微妙なところですね。

 

5枠10番 サングレーザー

前走のマイルチャンピオンシップでは強豪を相手に
3着と健闘したサングレーザーですが、
今回は真ん中の偶数枠という恵まれた枠順に入りました。

サングレーザーがやることは直線まで後方に控えて
「直線でズドン」という戦法。

精神力があってイン差しも出来るタイプの馬なので
あまり外過ぎない枠順も良かったと言えますね。

 

4枠7番 モズアスコット

勢いはナンバーワンのフランケル産駒モズアスコットは
4枠7番という枠に入りましたが、もう少し外目の枠が良かったですね。

フランケルの子供にはスピードタイプのソウルスターリングがいますが
欧州血統が示す通り、本質的にはパワータイプで外から力でねじ伏せるタイプの種牡馬です。

モズアスコット自身も外枠から外をグルリと回ったときに
高いパフォーマンスを見せているだけに
もう少し外目の枠を引いて、外をグルリとしたかったところですね。

 

3枠5番 レーヌミノル

前走のマイルチャンピオンシップでは見せ場たっぷりの4着に入り
復調をアピールしたレーヌミノルは3枠5番に入りましたが
もう少し外目の枠に入りたかったというのが本音でしょう。

レーヌミノルはダイワメジャー産駒らしく
先行からの押し切りを得意としている馬なので
外から他馬に邪魔をされず、推進力を活かしたいところです。

今回の枠順はイスラボニータ同様、先行出来れば絶好枠となりますが
後方からの競馬になってしまうと難しい競馬になりそうですね。

和田騎手の手綱さばきに注目です。

 

5枠6番 ビップライブリー

重賞でも安定感のある走りを見せているビップライブリーは
5枠9番という枠に収まりましたが、悪くない枠順です。

ビップライブリーが最も高いパフォーマンスを発揮するのは
好位追走からの先行抜け出しのパターン。

今回の阪神カップではその競馬が出来る枠順に収まったと言えます。

本質的にはパワータイプでタフな馬ですが
重賞を連続で好走、そして1200mからの臨戦と
ローテーション的にどこまで体力が持つかは心配の種ですね。

 

6枠12番 ダンスディレクター

スプリンターズステークスでは8着と敗れてしまった
ダンスディレクターは6枠12番という好枠をゲットしました。

2年前の阪神カップでも2着に入っているように
阪神芝1400mの適性はあり
スプリント戦をこなせるスピードもあるので
早めの仕掛けで捲っていく戦法も出来ますし
直線まで脚を溜めて差す戦法も出来ます。

好きな戦法がとれる良い枠にはいりましたね。

 

8枠18番 シャイニングレイ

前走のCBC賞では最後方からの直線一気という
派手な競馬をみせたシャイニングレイは大外枠を引きました。

スプリンターズステークスを使えず、順調さを欠いたことを考えると
余計な負担がかからない大外枠はプラスだと言えます。

あとはシャイニングレイの状態がどこまで戻っているのかが
好走出来るかどうかの焦点となりそうです。

 

展開予想のポイント

阪神カップの展開のポイントは

イスラボニータ、レーヌミノルの出方

です。

出走馬を見渡してみると逃げそうな馬はトウショウピスト、アポロノシンザンのみ

近走不振のシュウジなども逃げたいクチかもしれませんが
どこまで前に行けるかは未知数です。

となると前で競馬をしたい内枠の有力馬

イスラボニータ、レーヌミノル

が、どんな戦法に出るのかで結果が変わってきそうです。

基本的に先行馬有利な流れになる事が多い阪神カップ

今年もそれほど前が速くならない流れになると予想します。

 

まとめ

2017阪神カップで良い条件の枠をゲットしたのは

5枠10番 サングレーザー

6枠12番 ダンスディレクター

今回はこの2頭を挙げたいと思います

今年の阪神カップは展開の有利不利が影響しそうなので
今回決まった枠順を考慮して予想をしていきたいですね。

 

私が2017阪神カップで注目している馬は
好枠を引いて、復活してきそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。