菊花賞有力馬追い切り情報とレースの見所。エピファネイアは大丈夫?


2012菊花賞ゴールドシップ

今週はGI菊花賞が行われます。
様相はエピファネイアの1強vsその他の馬
昨年ゴールドシップが勝った菊花賞に似ていますね。

エピファネイア自身は前走こそうまく走ったものの
気性面での危うさを秘めている馬ですが
仮に自滅したとしても何がくるのかわからない。
そんな非常に難しいレースです。

早速、有力馬の追い切り情報+短評をお届けします。

【エピファネイア】

春は惜しいところでGIを逃したが、今回はメンバーが非常に弱く
頭2つは抜け出ている。ただ、問題は気性面。
前走は上手く折り合ったが、もっとスローになるであろう
今回は福永騎手にとってはタフな3,000mになりそう。
陣営は気性面での順調さをアピールしていて、そこを踏まえた調整は好感が持てる。

【ユールシンギング】

前走は延期されたセントライト記念を勝利
メンバーは低調だったが、血統的には長距離をこなせるのは魅力。
中間も順調に乗っていて、長距離に臨む落ち着いた雰囲気がある。
一発の考えられる馬。

【フルーキー】

上がり馬の中では一番株といっても良い存在。
血統面から長距離に不安が残るが、状態は絶好調で2番手争いの候補
条件戦からの参戦はマイナスで、買う買わないは人気次第。

【マジェスティハーツ】

前走は猛然と追い込み2着に入り、今回は武豊騎手で望む一戦。
ただ、武騎手ではパッとした結果が出ていない馬で鞍上との相性も問われる。
一瞬の切れ味を使う馬なので、武騎手の手綱さばきに注目
順調な追い切りで大きな上積みこそないが、力は出せるはず。

【サトノノブレス】

神戸新聞杯3着は案外の結果だったが、エピファネイアを除けば
能力的には勝負になる存在。
エンジンのかかりが遅く、早めに仕掛けると陣営は話しており
サバイバル戦のようなレースが出来れば、残り目は十分ある。

【タマモベストプレイ】

実績的には今回のメンバーではエピファネイアに次ぐ物を持っていて
京都コースも得意だが、本質的に距離が合わない。
調教・状態云々は関係なく消しで大丈夫。

枠順が確定してから展開などを読んだ上に予想をしようと思いますが
エピファネイア以外の馬は、どの馬もワンパンチ欠けるが
チャンスありといった感じで非常に難しいですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。