【愛知杯2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【愛知杯2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは愛知杯2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

愛知杯は2014年までは12月の中京開催で行われていましたが
2016年からは年明けの1月に行われるレースになりました。


(写真は2017愛知杯 マキシマムドパリ)

タフな中京コースにおける2000mのレースとあって
過去の勝ち馬は切れ味よりもスタミナ豊富な馬達が並びます。

2016年 マキシマムドパリ
2015年 バウンスシャッセ
2014年 ディアデラマドレ
2013年 フーラブライド

今年もスピードよりもスタミナを武器とした馬が活躍しそうな
愛知杯ですが、果たしてどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

マキシマムドパリ 3.6倍
クイーンズミラーグロ 7.0倍
リカビトス 8.4倍
アンドリエッテ 8.9倍
ワンブレスアウェイ 9.0倍
エテルナミノル 9.4倍
ゲッカコウ 9.8倍
サンタフェチーフ 10.6倍
メイズオブオナー 11.1倍
ギモーヴ 12.1倍
レーヌドブリエ 12.7倍
ブラックオニキス 14.8倍
ロッカフラベイビー 15.5倍
キンショーユキヒメ 16.5倍
タニノアーバンシー 18.9倍
レイホーロマンス 21.6倍
コパノマリーン 25.0倍
クイーンチャーム 32.7倍
オートクレール 34.2倍
シャルール 46.4倍
リーサルウェポン 54.7倍
ハッピーユニバンス 55.3倍

フロンテアクイーン(出走回避)
デニムアンドルビー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

昨年の勝ち馬 マキシマムドパリ

前走の中日新聞杯は5着と敗れましたが
昨年は愛知杯、マーメイドステークスで重賞を2勝
そして、エリザベス女王杯も4着と飛躍の一年となったマキシマムドパリ

もともと体質の弱さを持っている馬で、好走した後に凡走してしまうタイプでしたが
前走の中日新聞杯ではエリザベス女王杯激走後でも5着と踏ん張ったように
地力強化が著しい馬です。

昨年の愛知杯を勝っているように舞台適性も高く
当然、今回のレースでも主役級の扱いが必要な馬です。

ターコイズステークス5着 エテルナミノル

前走のターコイズステークスでは5着と重賞でやれる事を示したエテルナミノル

条件戦では強い走りを見せているだけに
牝馬限定のG3なら結果を出せる馬です。

父はダートでも走っているエンパイアメーカー
スピード勝負よりもある程度力が必要な中での競馬が理想で
展開が激しくなるか、馬場が荒れる事を願いたいですね。

前走条件戦を勝った アンドリエッテ

チューリップ賞2着の実績があるアンドリエッテですが
その後、条件戦を勝てないもどかしいレースが続いていました。

しかし、近2走は続いて安定した走りを見せており
もともと重賞級の力を持っていたアンドリエッテの走りが
復活の兆しを見せており、久しぶりの重賞でも期待出来そうです。

連続2着と安定感のある フロンテアクイーン

前走のターコイズステークスでは条件戦からの臨戦ながら
強敵相手に2着と抜群の安定感を見せているフロンテアクイーン

GIとなるとパンチ力不足の感のあるフロンテアクイーンですが
牝馬限定戦のG3なら福島牝馬ステークスの2着があるように力は上

どのコースでも力を発揮しているように
今回の愛知杯が行われる中京コースでも
持っている能力を発揮してくれそうです。
(出走回避)

前走で復活の兆しを掴んだ デニムアンドルビー

前走のチャレンジカップでは久々に末脚が炸裂して
2着と好走したデニムアンドルビー

長らくスランプにあえいでいましたが
前走は直線に入る前にポジションを押し上げる
持ち前の推進力を披露して、復活をアピールしました。

今回の愛知杯でも末脚が活きる展開に持ち込めれば
連続での好走は可能な馬です。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだカペラステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。