【フェアリーステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【フェアリーステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではフェアリーステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

フェアリーステークスは中山競馬場のマイル戦
というトリッキーな条件で行われるレースなので
桜花賞、オークスというクラシックとは関連性の薄いレースです。


(写真は2016フェアリーステークス)

クラシックとは関係性が薄いだけにフェアリーステークスを勝つのは
絶対能力が高い馬と言うよりも、中山適性の高い馬です。

適性の高い馬が強いという事はそれだけ荒れる余地があるということ。
フェアリーステークスでは穴を狙いたいところですね。

そんなフェアリーステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サヤカチャン 4.1倍
テトラドラクマ 5.5倍
トロワゼトワル 6.5倍
プリモシーン 6.9倍
スカーレットカラー 7.2倍
ライレローズ 7.3倍
ジーナスイート 8.8倍
デュッセルドルフ 11.6倍
レッドベルローズ 11.9倍
オハナ 12.1倍
グランドピルエット 21.0倍
ジョブックコメン 23.2倍
ナスノカツラ 26.7倍
シスル 27.8倍
ハナザカリ 31.4倍
ハトホル 34.0倍
レネット 37.7倍
アントルシャ 52.1倍
フィルハーモニー 57.9倍
トーセンエポナ 86.7倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

アルテミスステークス2着の サヤカチャン

人気薄ながらアルテミスステークスで2着に入ったサヤカチャン

次走の阪神ジュベナイルフィリーズではさすがに相手が強くて
14着と大敗してしまいましたが、ラッキーライラックに食い下がった
フェアリーステークスの内容は評価出来ます。

今回は相手のレベルがグッと下がるだけに重賞初制覇のチャンスです。

ロードカナロア産駒の トロワゼトワル

前走のアルテミスステークスでは4着と惜しくも馬券圏内を逃したトロワゼトワル

アルテミスステークスは前残りの流れだったことを考えると
2着馬のサヤカチャンよりも高い評価を与えらえる内容でした。

再びサヤカチャンとの対戦となりますが
ここでしっかりとリベンジを果たして重賞初勝利を飾りたいところです。

新馬戦を勝利した ジーナスイート 

母親にディアジーナを持つジーナスイート

新馬戦は果敢に逃げて、最後まで脚色が衰えなかったように
母父メジロマックイーンのスタミンを色濃く受け継ぐジーナスイートは
タフな中山1600mが合うタイプの馬です。

まだキャリアは浅いですが、ここも突破するだけのポテンシャルはあります。

ディープインパクト産駒の プリモシーン

初戦こそ2着に惜敗しましたが、続く2戦目ではディープ産駒らしい
末脚が未勝利戦を圧勝したプリモシーン

2戦目は上がり3ハロン最速、しかも2位に0.8秒差をつける
圧巻の末脚を見せたことから相手レベルが上がっても十分に戦えます。

中山適性がありそうな デュッセルドルフ

ノヴェリスト産駒のデュッセルドルフは1戦1勝と
新馬戦勝利の直後に重賞であるフェアリーステークスに挑みます。

サンデー系種牡馬と比較するとスピード能力
溜めての瞬発力に欠けるノヴェリスト産駒なだけに
中山競馬場で行わるマイル戦は合いそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだカペラステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック