【種牡馬分析】ゼンノロブロイ産駒は中山適性ない?評判と特徴を分析

Pocket

現在、日本競馬の種牡馬界はサンデーサイレンスの子供が
独占をしているような状態です。

が、それゆえにサンデーサイレンスの子供同士でも
成績争いが激化しているのが現状です。

その中で生き残りをかける種牡馬の一頭
ゼンノロブロイを取り上げたいと思います。

GI馬ではサンテミリオンを輩出して
その他の代表産駒ではペルーサ、トレイルブレイザー、
アドマイヤラクティなどがいますが
正直なところ突き抜けた馬がいません。

そして、周りでは

「ゼンノロブロイ産駒は中山コース走らない」

などの不名誉な評判もたっていて
ここ数年で結果を残せる馬が出なければ衰退の一途を辿るでしょう。

産駒の特徴としては長く良い脚を使うタイプが多いです。
切れ味もなく、加速する訳でもなく
良い脚を持続的に使い続ける、という事ですね。

まずは具体的な数字を見ながら話を進めていきましょう。

まずは得意なコースです。

ゼンノロブロイ 2013年コース別成績 ゼンノロブロイ 2012年コース別成績

表はJRA-VANのデータを引用させて頂きました。
2012年、2013年の1世代のデータなので
サンプルは少ないですが傾向を考えていきましょう。

一番良い成績を残しているのは東京競馬場です。

これは上で話したゼンノロブロイ産駒の特徴とマッチしていて
長く良い脚を持続出来る馬が合う舞台は東京競馬場なので
このような結果が出るのは必然といえますね。

逆に一番成績が伸びていないのが京都競馬場です。

東京を走る馬は総じて京都も走る馬が多いですが
ゼンノロブロイ産駒については当てはまりません。
平坦コースの京都競馬場で必要な能力はスピードなので
長くいい脚は使えてもスピードには欠ける事がわかります。

中山や阪神も成績はそんなに良くありません。
こちらはタフなコース(特に中山)なので
加速力・推進力で坂を駆け上がっていくような馬に
適性があるので、長くいい脚を使うゼンノロブロイ産駒は
向かないという事です。

つまり、東京専用機に近い状態であるということがわかります。

続いてダート適性をみていきましょう。

得意の東京競馬場は別として他の競馬場はダートでも遜色ない成績を残しています。
ゼンノロブロイ自身の現役成績を見ると意外です。

本質的にダートに向いている走りはしていませんが
長くいい脚を使うという脚質からはダートが向いている。

この理由がダートでも遜色ない成績を残せている理由でしょう。

馬券攻略に生かせる事は、東京で好成績だった馬を他の競馬場で軽視する
または逆のパターンで配当のギャップをつく事が出来ます。

続いて距離適性を見ていくことにしましょう。

ゼンノロブロイ 2013年距離別成績 ゼンノロブロイ 2012年距離別成績

これは非常にわかりやすいですね。

一言で言えば「距離は延びれば延びるほどいい」という事です。

能力的な適性もさることながら、脚質的によりスピードが求められない
長距離戦の方がより高いパフォーマンスを発揮してくれます。

最後に手の合う騎手についても言及しておきます。

長くいい脚を使うタイプが多いという事は
仕掛け所に困らない、逆に直線はひたすらに追う
という事が必要になってくるので
腕っぷしの強いタイプの騎手がいいですね。

それではまとめです。

ゼンノロブロイ産駒は瞬発力や加速力のあるタイプが少なく
平均的にいい脚を使う馬が多い為
芝では東京コースの長丁場が合います。
ダートも距離は長い方が力を発揮してくる。

中山適性がないという評判も外れてはいません。

なので、ゼンノロブロイ産駒を狙える時

○他の競馬場から東京へコース変更した時
○距離を延長してきた時
○芝からダートに変わった時

はこのように定義出来ます。

上の条件と逆の動きをして来たときは狙いを下げていきましょう。

また、これはゼンノロブロイ産駒を総括して分析しています。
本当に大切なのは産駒の中でも一頭一頭の個性をしっかりと分析する事です。

貴方の馬券購入に役立てて下さい。

もし、貴方が今回の種牡馬分析だけでなく
馬券で利益を出したいと思っているのであれば
私が発行している無料メールマガジンに登録して下さい。

登録は以下をクリックすると出来ます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

レースの予想方法から馬券の購入方法までを
「回収率アップ講座」という形でお話しています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。