有名人・芸能人馬主が所有している主な競走馬と活躍状況


ここでは有名人・芸能人馬主が所有している馬と
その活躍状況について話をしたいと思います。

 

競馬を見ている人間であれば一度は夢を見る事。
それは『馬主になる』事です。

そんな夢を叶えた有名人・芸能人の馬を紹介したいと思います。

 
有名人・芸能人の馬を紹介する前に
私が毎週の重賞で注目している馬を
ブログランキング上で公表しています。

今週の重賞で私が注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

それでは話を戻していきましょう

【元プロ野球選手:佐々木和浩(大魔神)】

ヴィブロス
ヴィルシーナ
シュヴァルグラン
マジンプロスパー
アドマイヤマジン

有名人馬主の中で唯一成功を収めている馬主さんです。

アドマイヤの近藤さんをはじめ数々の競馬関係者とのパイプ
そして競馬関係者と交友を深める中で身につけた相場眼が
この成功に繋がっているんだと思います。

特に近年はGIで活躍する馬も多数出てきているので
今後も目が離せない馬主です。

 

【実業家:Drコパ(小林 祥晃)】

コパノリッキー
コパノリチャード

今一番勢いのある有名人馬主ですね。
フェブラリーSで大穴を開けGIを勝利したコパノリッキーや
重賞を多数勝っているコパノリチャードなど
コパノの冠は全てDrコパさんの持ち馬です。

昔は弱い馬ばかりでしたが、今のラインナップは目を見張るものがあります。
これから更なる飛躍に期待ですね。
ちなみに職業は風水師ではなく実業家らしいです。
「風水師」ってファイナルファンタジーっぽくていいんですけどね。

 

【元プロ野球選手:山本昌広】

アルアイン

共同馬主という事で、馬主として取り上げるのはどうかと思いましたが
アルアインが皐月賞を勝ちGIとなった事から名前を挙げました。

大魔神佐々木さんに次いで名馬主となることが出来るでしょうか?
今後注目の馬主です。

 

【プロ野球選手:三浦大輔】

リーゼントブルース
リーゼントロック

新進気鋭の馬主です、佐々木さんと比べると資金力に差があると思うので
どこまで活躍出来るかは未知数ですが、佐々木さんのパイプを
引き継いでいれば飛躍もありそうですね。

 

【歌手:北島三郎】

キタサンブラック
キタサンヒボタン
キタサンチャンネル

その他キタサンの冠の馬は全て北島三郎さんの持ち馬です。
一時、重賞戦線を賑わせましたが、パッとした活躍が出来ていませんでした。

と思っていましたが、日本競馬界のスーパーホース
キタサンブラックが出現してからガラッとイメージが変わりました。

北島三郎さんもご高齢なので元気なうちに
素晴らしい馬が出てきて良かったですね。

それにしてもキタサンの馬の多さには驚きます。
演歌歌手の儲けたるや恐るべし、ですね。

 

【歌手:和田アキ子】

リバーセキトバ
ソウルスピリッツ

大の競馬好きで知られる和田アキ子さんも馬主経験があります。
馬主欄に本名である「飯塚現子」と記載がある馬は和田アキ子さんの馬です。

最近は和田アキ子さんの馬を見る事がないので
馬主活動はしていないのかもしれません。

 

【歌手:前川清】

コイウタ

コイウタは前川清さんの代表曲でヴィクトリアマイルを
勝ったときは話題になりましたね。
2人で共同出資している馬なんですが、
GI勝ちに敬意を表して載せました。

 

【コメディアン:萩本欽一】

アンブラスモア

欽ちゃんの馬は馬主欄に「萩本企画」と書いてあります。
最近は萩本企画の馬は見ませんが、
アンブラスモアは息の長い活躍を見せた馬です。
競馬のイメージのない欽ちゃんですが、競馬好きだったんですね。

 

その他、馬主ではなく、有名人が命名した馬も多数あります。

モンドシャルナ【AKB48小嶋陽菜】
ハッピーグラス【おぎやはぎ】
ブレイヴフィート【優木まおみ】
ハシッテホシーノ【星野あき】

 

知っている有名人が馬主だと頑張って欲しいような
馬券を買いたくないような、複雑な印象を持っていると思いますが
皆さん競馬を盛り上げてくれている人達なので
温かい目で見守りましょう。

 

 

今回は有名人・芸能人馬主が所有している馬について話をしましたが
馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。