【ターコイズステークス2017】ラビットランは危険?有力馬分析

Pocket

ここでは2017ターコイズステークスに出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

1番人気が予想されるラビットランの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

年を取ってから紅白歌合戦を見るようになりました。

今年は安室奈美恵さんが出るかもしれないとか
朝ドラの主題歌を歌っている桑田佳祐さんが出るかもしれないとか
言っていましたが、結局出演の予定はなし。

でもね、紅白はサプライズなんていらないんですよ。

「ベタ」でいいんです「ベタ」で!!

これくら「ベタ」でいきましょ

笑点とかと同じでベタなステージが見られればそれでOK

新しいメンバーを見れば「ああ、こういう人が売れているのね~」って分かるし
ベテランを見れば「ああ、今年も出てきたのね」って思います。

あの雰囲気だけでなんだか大晦日を感じられるので満足ですよ。

今年も最強の「ベタ」を見せてもらいますよー

 

さて、今週は2歳牡馬の頂上決戦の朝日杯フューチュリティステークスの他に
土曜日に中山競馬場でターコイズステークスが行われます。


(2016年 ターコイズステークス マジックタイム)

昨年こそ1番人気のマジックタイムが勝ちましたが
基本的には大荒れ必至のレースとあって穴党にはたまらないレースです。

各馬の実力をしっかりと把握するだけではなく
各馬の適性や疲労度合いまで把握しないと

的中できそうにないレースです

その分、的中させることが難しいレースになりますので、
ここではターコイズステークス2017の有力馬を分析していき
予想、そして馬券的中の参考にして頂ければと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

ターコイズステークスの全頭評価(動画付き)

ターコイズステークスの過去10年からみたデータ分析
出走予定馬全頭評価を見たい方は以下をクリックして下さい。

ターコイズステークス過去10年からみたデータ分析

 

ターコイズステークスの有力馬の危険要因と買い要素

ラビットラン

2走前のローズステークスで実績のある牝馬を破り
一躍、3歳牝馬のトップ候補に躍り出たラビットラン。

前走の秋華賞でもローズステークスで激走した後にも関わらず
後方から差してきて4着と改めて力のあるところを見せました。

能力の高さは疑いようがなく、今回のメンバーでも最有力に数えられる馬ですが
近2戦でかなり激しい競馬をしてきただけに
状態面がどこまで維持できるかが焦点となります。

 

フロンテアクイーン

現在、準オープンの身ではありますが
春には福島牝馬ステークスで2着に入るなど
牝馬同士のG3レースなら地力上位な存在であるフロンテアクイーン

今回のターコイズステークスは中3週というローテーションで出走するあたり
体調面の維持は気になるところで、本質的に東京向きであるフロンテアクイーンが
今回中山でのレースに出走するという点も気になる要素です。

 

ミスパンテール

春は長期休み明けだったチューリップ賞で
リスグラシューに先着する2着と高い能力を見せたミスパンテールが
前走の清水ステークスで久しぶりの勝利を収めて
再び重賞戦線に戻ってきました。

春シーズンはチューリップ賞激走の影響で
桜花賞、オークスと全く走れなかったように
レース後の反動が出るタイプの馬なので
前走久々のレースを勝った反動が出ないかどうかは不安材料です。

 

エテルナミノル

前走のエリザベス女王杯では先行してレースを運ぶも
モズカッチャン、クロコスミアという強敵相手に力負けして
11着と敗れてしまったエテルナミノル

準オープンでは力上位の走りを見せるものの
重賞に入ってしまうとどうしても格負けしてしまうタイプ
今回のターコイズステークスも格負けしてしまう懸念はあります。

 

ワンブレスアウェイ

前走の府中牝馬ステークスこそ10着と大敗してしまいましたが
それまでは9戦連続で馬券に絡み続けてきた超堅実派のワンブレスアウェイ

前走は3ヶ月ぶりの休み明けで馬体重もプラス16kgだったことを考えれば
巻き返しの余地は残されていると言えますが
初の重賞挑戦で全く何も出来ずに負けてしまった点は気になります。

今回も続けての重賞挑戦となるので
格負けせずに走ることが出来るかが焦点となります。

 

リエノテソーロ

春はNHKマイルカップ2着という金看板を背負って
秋シーズン以降に飛躍を狙ったリエノテソーロですが
深刻なスランプ状態に陥っています。

久しぶりに芝に戻ってきた前走の信越ステークスでも
2番人気を裏切っての7着

なかなか復活の糸口を見つけられませんが
今までの凡走が能力までない事は間違いないので
走る気持ちが戻っているかどうかが焦点となります。

 

サザナミ

前走のラピスラズリステークスでは3着と好走して
着々と力をつけているディープ産駒のサザナミ

小柄な馬という事もあり、気持ちで走るタイプの馬ですが
今回の中山芝1600mという条件はかなりタフなコース

相手関係云々の前にこのタフなコースに耐えられるのか
という点が馬券を買う上で一番の焦点になりそうです。

 

以上です。

 

まとめ

実績が抜けていたマジックタイムがいた昨年と比較すると
今年は全体的に小粒なメンバー構成となっており
かなり荒れる要素が大きいレースだと言えます。

実績からはラビットランが抜けた人気になりそうですが
決して盤石の体制とは言えず、混戦は必至。

ここに名前が出ていない馬でも十分に戦えそうです。

前に行けそうな馬はどの馬か?
消耗度が少ない馬はどの馬か?

という点に絞って予想をすると穴馬に近づけそうですね。

 

2017ターコイズステークスで私が注目している馬は
前走惨敗で力を余していそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の阪神ジュベナイルフィリーズは
超自信の大本命馬できっちりと単勝をGET!

今週はGI“朝日杯フューチュリティステークス”

サウジアラビアRC1,2着のダノンプレミアム、ステルヴィオ
京王杯2歳S勝ち馬タワーオブロンドンが3強の様相を呈していますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツでほぼ間違いない」という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には無料で教えます
そして、朝日杯フューチュリティステークスの馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。