2014チューリップ賞、弥生賞見所|主役ハープスター登場


今週からいよいよ牡馬と牝馬のクラシックを占うレースが始まります。

土曜日には阪神競馬場でチューリップ賞
日曜日には中山競馬場で弥生賞。

共にGIと同じ舞台なので、本番との関連性が強いレースで
注目をしなくてはいけないレースです。

中でも最大の注目はチューリップ賞に出走するハープスターです。

昨年の新潟2歳Sでは他馬をぶっこ抜き
異次元の末脚を見せてくれました。
今回は有力と目されている馬がハープスターを避けたのかと思わせるほどに
少なくなりただ貰いのようなレースになりそうです。

ただ、エンジンのかかりの遅さは課題とされているところで
極上の切れ味をどの段階で発揮出来るのか
GIに向けてハープスターの戦いが始まります。

完全な1強レースとなったチューリップ賞と比較して
少頭数ながらも好メンバーが揃った弥生賞。

若駒Sを勝ったトゥザワールドが主役となりそうですが
どのレースを見てもスピード感に欠ける感じで
クラシックを戦う馬としては不安を感じています。

豊富なスタミナとパワーでどこまで今回の相手と戦えるのか
ここも勝つようなら主役を認めざるを得ません。

そしてラジオNIKKEI賞の覇者ワンアンドオンリーが
ここでベールを脱ぎます。
未勝利戦では単勝260倍をつけたことのある馬で
なんだかつかみどころのない馬ですが
前走の勝ち方だけとれば見事の一言なので今回も無視は出来ません。

安定感を買うなら同レース2着のアズマシャトルです。
迫力はありませんが、堅実な末脚で着に入ってくる事の
期待値は高い馬です。

同じく京成杯2着のキングズオブザサンも
このコースは適性が高いので着に入る期待値は高い馬でしょう。

その他、アデイインザライフやエアアンセムなど
骨っぽいメンバーが揃いました。

この弥生賞は皐月賞で有力馬に対する馬を
選出するような戦いになると思います。
もちろん注目ですね。

もう一つの重賞オーシャンSはハクサンムーンの名前があります。

ロードカナロアがターフを去った今、負ける事が許されない
というくらいのレベルの馬なので、
スピード能力を見せつけて欲しいと思います。

他では中山短距離得意のサドンストームや
成績が安定しつつあるハノハノなどが上位争いをしてくれるでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。