横山典弘に導かれ圧勝ジャスタウェイ、いざドバイへ!重賞レース回顧

Pocket

先週行われた重賞はインパクトの強いレースばかりでした。

中でも土曜日に行われたアーリントンCのミッキーアイルは凄かったですね。

凄まじいテンのスピードで先頭に立ち
2番手以下を大きく引き離し
後続では一旦相手を引き離してから再び相手を引き離す。

こういった競馬はなかなか出来る芸当ではありません。
GI級の能力の持ち主である事は証明されましたので
NHKマイルCもミッキーアイルの力を見せて欲しいところです。

テレビでは1800mや2000mも、みたいな事を言っていましたが
これだけスピードが勝った馬なので、適距離はマイル以下です。
陣営が判断を間違えないよう願うのみですね。

2着タガノグランパは今回は前での競馬
ここで2着を確保するあたりは地力の現れですね。
この馬はもう少し距離が延びて面白いと思います。

3着フェルメッツァ、4着タガノブルグは
力通りに走れたという印象。

エイシンブルズアイは追って味がないので
逃げてどこまでという競馬スタイルしかないでしょう。

日曜日の重賞2つも振り返りましょう。
まずは中山競馬場で行われた中山記念

天皇賞馬ジャスタウェイが内を抜け出して完勝。

舞台的に後方から外差しをしてくるだろうと読んで
評価を対抗にしましたが、先行からの内抜けだし
「この競馬が出来ればそりゃ勝つよなぁ」
というくらいに能力は確かなので
横山典弘騎手の腕に脱帽といったところです。

期待したトウケイヘイローは致命的な出遅れで6着
下手に後ろから競馬をしなかったあたりは次走に繋がる内容でしたね。
さすが武豊騎手だと思いました。

皐月賞馬ロゴタイプも前からしぶとく伸びて3着
成長力という点を確かめられるレースではありませんでしたが
次走に期待が持てる内容でした。

2着アルキメデスも現在の充実度を物語る好走
重賞では安定して走れる事を証明しましたね。
GIを狙うには次走が試金石となるでしょう。

4着マイネルラクリマもいいレースでした。
割と人気薄で出走してくるタイプなので
狙い続けて損のない馬でしょう。

そしてもう1つの重賞阪急杯
こちらは果敢に逃げをうったコパノリチャードが圧勝。

昨年のアーリントンCで見せた走りも見事でしたが
阪神コースは相性がいいようです。
もちろんパフォーマンスからも高い能力を持っている事も間違いありません。

逃げが打てないと走れない、という話もありますが
ハナを切れなかった時にどれだけ走れるかで
GIへの道のりが見えてきそうです。
高松宮記念に出走しても面白い存在だと思います。

内をすくったサンカルロは阪神1400m巧者ぶりを見せつけました。
ただ、全盛期よりも走りは衰えているので
GIでの活躍を難しいでしょう。

逆に3着レッドオーヴァルは良い走りでした。
牡馬混合戦では厳しいですが、牝馬限定のマイル戦なら
好走が可能な馬だと思います。

1番人気のダノンシャークは見せ場なく惨敗
阪神1400mは非常に難しいコースで
かつ東京新聞杯を回避した分で仕上げも甘かったのでしょう。
今回の敗戦は気にする必要はありません。

私が応援していたカレンブラックヒルもなかなか回復の兆しを見せませんね。
引退するまでにはどこかで花を咲かせるような気がするんですが…

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。