2017カペラステークス枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017カペラステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたカペラステークスでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬というゲームは外れる確率の方が
圧倒的に高いゲームですから
普通に馬券を買っていると一日競馬場にいて的中0

なんてことがままありますよね。

私の場合、7レース目くらいまで当たらないと
だんだん心の暗闇が広がっていきます。

そしてメインになるともう当たる気がせずに
半ば投げやりになってしまい
最終レースで無謀な穴狙いに走ってしまう

という闇のルーティーンがあります。

そんな時は「アカギ」に出てくる鷲巣大先生に勇気をもらうようにしています。

という事でカペラステークスの話をしていきます。

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はGI“阪神ジュベナイルフィリーズ”

新種牡馬オルフェーヴル産駒のロックディスタウンに注目が集まりますが

競馬セブンでは
完成度が高く、仕上がりも早いのでここは勝負気配が断然上
という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

また、目標が来年のクラシックに向いている分、正直このレースの勝ち負けにこだわりはない感じ

という有力馬の情報まで掴んでおり、競馬セブンの情報が阪神ジュベナイルフィリーズ
を予想するうえで重要なカギとなる事は間違いありません。

今週競馬セブンに無料会員登録をしてくれた方にはタダで教えます
そして、競馬セブンの馬連3点の買い目も無料で教えます。

競馬セブン無料登録はここをクリック!
↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、カペラステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

カペラステークス(中山ダート1200m)は
フェブラリーステークスとは関連性の薄い独立したレース

ゆえにこのレースを勝ってもその後の活躍は見込めません。

過去10年からみたレースの特徴を見てみても

・追い込み馬有利のレース

・ハイペース必至のタフなレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

4枠8番 ブルドックボス

主役不在ながら僅差で一番人気に支持されている
ブルドッグボスから見ていきたいと思いますが
欲を言えばもう少し外の枠が良かったと言えます。

ブルドッグボス自身は前につけて競馬が出来る馬なので
先行が出来れば今回の枠は良いのですが
ローテーション的には強行軍で前走は後方のポジションから
レースを進めている事を考えると
今回のカペラステークスでも前のポジションは取りづらそうです。

直線で不利が出ないようにレースを進められればいいのですが
果たして、どのあたりでレースを進めてくるでしょうか

 

7枠14番 ブルミラコロ

ブルドッグボスと同じく人気に支持されているブルミラコロは
7枠14番に入りましたが、こちらは良い枠に入ったと言えますね。

前目の位置を取るのにも内の馬達を見ながら
ポジションを決められるので、自分のペースでレースは出来そうです。

あとは前走不良馬場快勝の影響がどこまで出るかですね。

 

2枠4番 ニットウスバル

オープン特別で安定した走りを見せるニットウスバルは
かなり悪い枠順に収まってしまいました。

ニットウスバルは内差しの出来る気力を持っているタイプですが
カペラステークスの場合はペースが速くなるため
脱落してくる先行馬が多く、内からの差しは厳しい状況にあります。

このあたりを木幡巧也騎手がどのようの捌くのか注目ですね。

 

7枠13番 サイタスリーレッド

前走で思わぬ大敗を喫してしまったサイタスリーレッドは
7枠13番という外目の枠に入りましたが、
今回は上々の枠順だと言えます。

前走大敗したので、馬群に揉まれてしまう可能性のある内枠は嫌なので
自分のリズムでレースが出来る外目の枠はまずまずですね。

本来なら持ち前の先行力を活かせる6番枠あたりが
一番力を発揮できるのですが、リスクも内包しているので
13番枠で十分に合格でしょう。

 

6枠12番 キクノストーム

一昨年の勝ち馬キクノストームは6枠12番に入りましたが
これは良い枠に入りましたね。

この馬は
「最後方待機をして直線で外に出して追い込む」
とやる事が決まっているので今回の枠は良い枠だと言えます。

 

8枠15番 スノードラゴン

2013年のカペラステークスで2着に入っている
スノードラゴンは15番枠と外枠に入りましたが
こちらも悪い枠ではありません。

スノードラゴンがやる事はキクノストームと同じことなので
ぐるりと外を回って一発に賭ければいいですね。

 

3枠6番 ショコラブラン

戦場を地方から中央場所に移してきたショコラブランは
3枠6番に入りましたが、あまりいい枠ではありません。

クロフネの牝馬という事で揉まれたくない馬なので
摩擦の少ない外目から競馬をしたかったところですが
内目の枠を引いてしまったので、今回は前へ行くかもしれません。

 

展開予想のポイント

カペラステークスの展開のポイントは
例年のような激流の流れになるか?

という点です。

昨年のカペラステークス

最初の3ハロン33.3秒

一昨年は3ハロン32.5秒

2年前は3ハロン33.3秒

と芝レース並みの速い時計が出ています。

今回のカペラステークスで逃げが予想される馬はいません。

どの馬でも逃げられる環境なので
先行争いが激化する可能性は高まります。

逆にどの馬も周りの出方をみてスローに落ち着くというパターンもありますが、
1200mの重賞でそのパターンになる可能性は薄いです。

展開としてはハイペースの流れと読みたいですね。

 

まとめ

2017カペラステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

7枠14番 ブルミラコロ

6枠12番 キクノストーム

8枠15番 スノードラゴン

今回はこの3頭を挙げたいと思います

1番人気6倍台と割れに割れまくっている
カペラステークス2017は馬券的には難しいレースになりそうですね。

 

私が2017カペラステークスで注目している馬は
今回追い込みがハマりそうなあの差し馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。