【朝日杯フューチュリティステークス2017】データ分析|買えるパターンは1つだけ

Pocket

2017朝日杯フューチュリティステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

どういったタイプの馬が活躍しているかについても言及していきながら
朝日杯フューチュリティステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年も有馬記念が近づいてきましたが
有馬記念で馬券を買う人は「時事ネタ」を織り込む人が多いですよね。

その年に起こった出来事とか、その年の流行語とか
そんな出来事と絡めて馬券を買うのは予想とは言えませんが
きっと宝くじ的な楽しさがあるのでしょうね。

1年に1回(有馬記念)しか馬券を買わない人って結構いますし
そういう人にとっては、にわかで予想するよりも
楽しさがあっていいのかもしれません。

今年の時事ネタといえば

「北朝鮮」
「35億(ブルゾンちえみ)」
「森友学園、加計学園問題」
「忖度」
「にゃんこスター」
「(大相撲)日馬富士の暴行問題」
「松居一代のyoutube投稿問題」

こんな言葉や出来事が挙げられますが
貴方はどんなワードを選びますか?

 

さて、今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われます。

以前は中山芝1600mという条件で行われていた為
中山のトリッキーなコースに対応できる適性や
タフなコースを凌駕するパワーが必要とされていたレースでした。

しかし、3年前より阪神芝1600mという条件に替わり
全体の能力が高い馬が勝ちやすいフラットなコースになりました。

重賞で実績をあげた馬はもちろんですが
2015年の勝ち馬リオンディーズのように
新馬戦を勝って一気にGI制覇という事が起こり得るのが2歳戦です。

そんな、なんでもござれな朝日杯フューチュリティステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

ちなみに朝日杯フューチュリティステークスまで遡ると
過去10年分のデータはありますが
阪神開催になってからは3回の開催となっているので
阪神で開催された3回分のデータを基に分析をしています。

 

朝日杯フューチュリティステークス過去3年のデータ分析

先行馬受難のレース、差し馬が圧倒的に有利

まず、最初に注目したのは朝日杯フューチュリティステークスの脚質です。
以下は朝日杯フューチュリティステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーで5番手以内だった馬の複勝率は0%
(単勝50倍の馬では複勝圏に絡んだ馬はいますが…)

どの位置の成績を見ても成績が著しく悪い事が分かるのに対して

4コーナーで10番手以下と差し戦法を取った馬の
複勝回収率は78%と優秀の成績を収めています。

阪神芝1600mは外回りコースということで
最後の直線勝負となる事が多く
今回の朝日杯フューチュリティステークスのように末脚勝負になる可能性が高くなります。

直線が長いことに加えて、4コーナー手前で下りとなっている
阪神競馬場外回りコースは大原則として差し馬が有利なコースです。

機動力や立ち回り勝負を挑むような器用な馬よりも
多少不器用でも末脚の破壊力を持っているような
絶対能力の高い馬をピックアップする事が必要になります。

ちなみに上がり3ハロンの順位別の成績を見てみると

上がり1位の馬は連対率100%、複勝回収率260%
上がり2位の馬も複勝回収率125%と抜群の成績を誇っています。

乱暴な言い方をしてしまえば

“上がりの脚の速い馬をただ買えばいいレース”

とも言えますね。

 

内枠は厳しく、外枠の方がスムーズに走れるレース

次に朝日杯フューチュリティステークスでの枠順別の成績を見てみましょう。

過去3年分のデータになりますので
全てを参考に出来ない部分はありますが
外枠の方が走れている事は一目瞭然です。

脚質について差し馬が強いという話をしましたが
差し馬が強いレースは総じて外枠の成績が良いという傾向があり
朝日杯フューチュリティステークスに関しても内で脚を溜めるような競馬をするよりも
多少の距離ロスがあろうとも外を回した馬の方が強いという事が分かります。

 

上がり勝負となれば当然ディープ産駒の出番

最後に朝日杯フューチュリティステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

中山で行われていた時のような器用さを問うコースではなく
広いコースでの地力比べになるので
当然の事ながら「ディープインパクト」「キングカメハメハ」
この2大巨頭の名前が挙がってきます。

日本競馬界のリーディングサイアー争いで毎年1,2位を独占している
ディープインパクトとキングカメハメハの実績は伊達ではありません。

有利不利のないレースならこの2頭が浮上して当然ですね。

 

以上が2017朝日杯フューチュリティステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

朝日杯フューチュリティステークスはGIという事もあり
前に行く馬にとって有利な流れにはならず

“差し比べの競馬になる”

ということを覚えておくといいでしょう。

 

私が朝日杯フューチュリティステークスで注目しているのは
2頭出走を予定しているディープ産駒でもこっちの1頭

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『チェックメイト』は先週の阪神ジュベナイルフィリーズは
超自信の大本命馬できっちりと単勝をGET!

今週はGI“朝日杯フューチュリティステークス”

サウジアラビアRC1,2着のダノンプレミアム、ステルヴィオ
京王杯2歳S勝ち馬タワーオブロンドンが3強の様相を呈していますが

競馬予想サイト『チェックメイト』では
「コイツでほぼ間違いない」という馬の情報を掴んでいます。

果たしてそれはどの馬か?

普通に予想を聞こうと思うと情報料がかかりますが、
今週チェックメイトに無料会員登録をしてくれた方には無料で教えます
そして、朝日杯フューチュリティステークスの馬連3点の買い目も無料で教えます。

チェックメイト無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━