2017チャレンジカップ枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017チャレンジカップの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたチャレンジカップでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週末にはM1グランプリがありますね。

私が大好きな年末特番で第一回の中川家が勝ったときから
毎年欠かさず見ています。

今年は若干ルールが変わるようで
順番がその場で決められるようですね。

オリンピックのスポーツ競技とかでもそうですが
何かをやっているとルール変更は避けられません。

ルールに文句を言いたい気持ちも分かるし(実際に言うし)
今までの方が良かったのに、と思う気持ちも分かります。

でも、ルールがそれで決まってしまったら
もうそれは変える事が出来ないので
そのルールでベストを尽くせるよう頑張るしかないんですよね。

競馬の降着精度も変わってからだいぶ日が経つようになりましたが
あれだけ批判の声が挙がっていた制度も今は当たり前になっています。

2016マイルチャンピオンシップのミッキーアイルには
いまだに納得がいっていませんが
競馬(馬券を買うことを)を止めようとは思わないので受け入れるしかないですね。

現在のルールの中でベストパフォーマンスを発揮できるよう頑張りましょう!

という事でチャレンジカップの話をしていきます。

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も確実に的中!口コミで話題沸騰の競馬予想サイトのご紹介です!

競馬セブン

【おすすめ度】★★★★★★

【URL】 http://www.keiba7.net

【おすすめポイント】
新規で無料登録するとその週のメインレースの予想を無料で送ってくれます。
また無料コンテンツも充実しており、情報を買わなくても有益な情報を得られるサイトです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、チャレンジカップの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずチャレンジカップ(阪神芝2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・差し馬が圧倒的に有利

・内回りでスタミナが重要視される

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

3枠3番 サトノクロニクル

まずチャレンジカップの主役となる
サトノクロニクルから見ていきたいと思いますが
今回の枠はそれほど良くありません。

サトノクロニクルは馬群を割ってこられる
勝負根性を持った馬なので
揉まれる事自体は問題がありませんが
エンジンのかかりが遅い馬なので
勝負どころで置かれてしまう可能性があります。

4コーナーの内でポジションを下げてしまうと
直線で前が詰まってしまう可能性があるので
諸刃の剣といったところですね。

 

5枠6番 ブレスジャーニー

サトノクロニクルと同じ3歳馬ですが
こちらはレースのしやすい枠に入りました。

東スポ杯やサウジアラビアRCのレースを見ても
道中は後方に待機していて直線でズドン

という競馬を見せる馬なので
周りを見ながらポジションを取れる
真ん中の枠は大歓迎といったところです。

 

5枠5番 モンドインテロ

今年はステイヤーズステークスではなく
チャレンジカップに出走してきたモンドインテロですが
ずっと長距離を走ってきただけに後方からのレースが想定されます。

3コーナーから4コーナーの間で外に出して
進路を取ることが予想されるので
外枠から内に入って、また外に出すという形よりも
内目の枠で後ろに控えてコーナーで進出するという形の方が
レースはしやすいので、今回の5番枠は良い枠順だと言えますね。

 

6枠8番 デニムアンドルビー

先ほどのモンドインテロと同じ様な理屈になりますが
外→内→外の流れになりそうな枠は歓迎ではありません。

デニムアンドルビーはイン差しが出来るタイプの馬なので
今回のチャレンジカップでは内を引いて
一発を狙えるような競馬をしたかったのですが
結果としては残念な枠になってしまいました。

 

6枠7番 プリメラアスール

ずっと差し馬について見てきたので
ここからは逃げ、先行馬について見ていきたいと思います。

今回は差し、追い込み馬が多く、先行馬が少ないので
どの枠順でも特に問題はないでしょう。

逆に逃げ、先行馬が少ないことで展開がどうなるのか

という点が気になりますが、こちらは展開予想で話していきます。

 

7枠9番 マイネルミラノ

前走はスタートで遅れながらも途中からハナを奪ったように
一時期に比べると気持ちの前向きさがなくなってきているので
挽回が利かなくなる内よりも、遅れても3,4番手で競馬が出来る
外枠の方が良いと言えるので、今回の枠は悪くありません。

 

8枠11番 ジョルジュサンク

前走で出走を取り消してからのレースとなりますが
体力勝負型の先行馬なので枠順は問題ないでしょう。

ジョルジュサンクについては前走で取り消した後の
どれくらい状態が戻っているかが焦点となりそうですね。

 

展開予想のポイント

チャレンジカップの展開のポイントは
差し、追い込み馬が圧倒的に多いメンツで競馬が行われるという事です。

マイネルミラノも一時期のように闘志を全開にして
逃げるような事はないですし
プリメラアスールもスローに落として逃げたいタイプの馬

ジョルジュサンクは取り消し明けの競馬で
無理に先行馬を飲み込もうとする競馬をするとは考えづらく
過去のデータからみると圧倒的に差しが有利なレースですが
2017年に限ってはスローの前残りという目もありそうです。

また後方に控えるであろう外国人騎手が
スローペースだと判断した時にどのタイミングで仕掛けるかによっても
レースの結果が大きく左右されそうで
騎手の力が問われるレースにもなりそうですね。

 

まとめ

2017チャレンジカップで良い条件の枠をゲットしたのは

5枠6番 ブレスジャーニー

5枠5番 モンドインテロ

今回はこの2頭を挙げたいと思います

今回は12頭立てながら、駆け引きの多いレースになりそうで
レースも見応えがありそうですね。

 

私が2017チャレンジカップで注目している馬は
阪神の内回りコースで改めて力を発揮しそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク