2017ステイヤーズステークス枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2017ステイヤーズステークスの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたステイヤーズステークスでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ12月になりましたね。

私は12月が大好きです。

12月は街がにぎやかになりますよね。

イルミネーションを見ているのも好きですし
年末という感じの慌ただしさが活気を生んでいる感じがします。

お金の面でも、12月はボーナスがありますし
年末調整みたいなものでお金が戻ってきたりとか
サラリーマンの方々もお財布がほくほくになる感じですよね。

そして、年末には大一番の有馬記念があって
29日には東京大賞典があってめっちゃ楽しいし

テレビ的にはM1グランプリや大晦日の笑ってはいけないシリーズや
大型特番が組まれるのでいっぱい録画して楽しめるし

イベントもクリスマスや忘年会や大晦日の贅沢ディナーなど
盛りだくさんで最高の月だと思います。

一年で一番楽しめる12月を目一杯満喫したいと思います。

という事でステイヤーズステークスの話をしていきます。

 

< P R >

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も確実に的中!口コミで話題沸騰の競馬予想サイトのご紹介です!

競馬セブン

【おすすめ度】★★★★★★

【URL】 http://www.keiba7.net

【おすすめポイント】
新規で無料登録するとその週のメインレースの予想を無料で送ってくれます。
また無料コンテンツも充実しており、情報を買わなくても有益な情報を得られるサイトです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さて、ステイヤーズステークスの枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずステイヤーズステークス(中山芝3600m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・内枠が圧倒的に有利

・適性重視で準オープンからでも通用する

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

8枠9番 アルバート

まずステイヤーズステークスの主役となる
アルバートから見ていきたいと思いますが
今回の枠は正直言って良くありません。

ステイヤーズステークスは中山競馬場を2周回るレースですから
外を走るとトータルでかなりの距離ロスを被ります。

現在2連覇中ですが、最初に勝ったときは2番枠
昨年は3番枠と距離ロスの少ない内枠を引いての好走だったことから
今回は枠順としては最悪の枠に入ったと言えます。

救いは今回10頭立てと頭数が少ない点ですが
ここのところ若干勢いを失いつつあるアルバートを
ムーア騎手がどのように操るのかは注目ですね。

 

2枠2番 フェイムゲーム

アルバートと実力的にも人気面でも双璧の存在ですが
アルバートとは対照的に絶好枠をGETしました。

先ほども話したとおりステイヤーズステークスは
コーナーを8度回るので道中のロスが少ない馬が絶対的に有利なので
2周目の向こう正面あたりまではしっかりと溜が利きそうです。

近走は不振なだけに扱いが難しいフェイムゲームですが
この絶好枠で更に扱いが難しくなりましたね。

 

4枠4番 シルクドリーマー

こちらもフェイムゲームと並んで絶好枠をゲットしましたね。

フェイムゲームと比較すると前目のポジションを取れますし
内に入ったグランアルマダは逃げ宣言をしているので
2番手で競馬をすることも出来そうですし
中団に控えることも出来るので、自在性をフルに発揮出来そうです。

今回のメンバーの中で一番の好枠ですね。

 

3枠3番 グランアルマダ

先ほど話に出しましたが今回に逃げ宣言をしているので
好確率でグランアルマダがレースを引っ張りそうです。

内の2頭はスタートが遅いですし
逃げるのにも全く問題ないので不利なくレースを進められそうですね。

 

7枠7番 プレストウィック

今回は正直レースをしづらい枠に入ってしまいましたね。

10頭という少頭数とはいえ
先行できるタイプの馬ではないので
おそらく外を回らされそうです。

外国人騎手は内に入って少しでもロスのない競馬を好むので
この枠でシュミノー騎手がどんな戦法を取るのか注目ですね。

普通に外々を回ったのでは苦しいです。

 

6枠6番 シホウ

前走のアルゼンチン共和国杯では16頭立ての競馬で
8番手付近で競馬をしていたことや
3走前のグリーンステークスを3番手で競馬したことから
前で競馬をしたい馬ですが、今回の枠であればシホウが望むような競馬は出来そうです。

偶数枠ですし、ボチボチの枠に収まったという感じでしょう。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは純然たる逃げ馬がグランアルマダのみだという点です。

頭数も少なく、距離も長いレースだという点からも
1周目はかなりのスローペースでレースが進みそうです。

“スローペース = 前残り”

という印象を持っている人が多いと思いますが
ステイヤーズステークスの場合は2周目の向こう正面から
有力馬が仕掛け始める展開が多くみられます。

スローペースで運んでいる分、後続の馬にも余裕があるので
最後の1000m(向こうからずっと)はずっと脚を使い続ける
持久力勝負になることが予想されます。

前にいる馬には厳しくなり、後続に控えている
スタミナ豊富な馬が台頭してくるようなレースになりそうですね。

 

まとめ

2017ステイヤーズステークスで良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 シルクドリーマー

2枠2番 フェイムゲーム

今回はこの2頭を挙げたいと思います

今回は10頭立てなので、
1頭の動きでペースがガチャガチャになってしまうこともあるので、
自分の中でこういう展開になると決めつけて馬券を買った方が良いですね。

 

私が2017ステイヤーズステークスで注目している馬は
コース実績が抜群で今回ここを狙ってきているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク