トーセンスターダム?イスラボニータ?TR前3歳牡馬クラシック展望


先日、トライアル前の3歳牝馬クラシックについて
勢力図の確認と有力馬を順番に取り上げましたが
今回は3歳牡馬クラシックの行方を占っていこうかと思います。

まだ、トライアルは行われていませんから
いくらでも変わりそうですが、現時点で有力馬を確認していきましょう。

クラシック候補筆頭はきさらぎ賞勝ち馬トーセンスターダム

馬場が悪くても、展開が向かなくてもきっちりと脚を使って
勝つあたり、気性の良さと安定感が抜けています。
若干非力な印象を受けるので、今後はパワーの成長が課題です。

走りとしては皐月賞よりも日本ダービー向きですし
ローテーションもきさらぎ賞から皐月賞へ直行という事で
完全に日本ダービー狙いである事は間違いありません。

2番手としてあげられるのが関東馬イスラボニータ

新潟2歳Sではハープスターには完敗したものの
東スポ杯、共同通信杯を始め、その他のレースは全て完勝。
自在な脚質と立ち回りの器用さ、素直な気性は皐月賞向きです。
個人的にはスケール勝負となる日本ダービーは不安な点がありますと見ています。

と、ここで私が一番注目している馬をあげておきましょう。

トーセンスターダムと同じ池江厩舎のサトノアラジンです。

東スポ杯、ラジオNIKKEI賞、共同通信杯と結果が伴いませんが
ラジオNIKKEI賞で最後に見せた切れ味は
地力の現れでスケールはトーセンスターダム以上だと見ています。

同じく底が見えないのがきさらぎ賞2着のバンドワゴン
きさらぎ賞はちぐはぐな競馬でしたが
新馬・500万の勝ち方は破壊力十分
先行有利な皐月賞もパワーとスピードが必要な日本ダービーも
十分に戦えるだけの力を持っていると思います。

出世レースラジオNIKKEI賞を勝ったワンアンドオンリー
成績にムラがあり信用に足るところまでは来ていませんが
差しきった脚は見事で能力的には通用するでしょう。
あとは気性面ですね。

同レース2着のアズマシャトルは堅実な成績を収めていますが
走りのインパクトはそれほどでもなく、血統も地味
典型的な善戦マンタイプと言えそうです。

順調さを欠くプレイアンドリアルはどこまで回復出来るか
しっかりと回復出来れば、チャンスがある馬です。

3連勝中のトゥザワールドは走りにスピード感を感じません。
GIの舞台で強豪達と戦うのは力不足と判断しています。

朝日杯FS勝ちのアジアエクスプレス
シンザン記念勝ちのミッキーアイルは
マイラーなので、クラシックとは縁がないでしょう。
クラシックに色気を見せない陣営の姿勢を評価したいと思います。

最後にアジアエクスプレス、ミッキーアイルに
レースで敗北しているウインフルブルームの方が
皐月賞までならやれるのではないかと思います。

今年は役者が揃っていて面白いクラシックになりそうです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。