ハープスター?レッドリヴェール?TR前に3歳牝馬クラシックを占う

Pocket

3歳牝馬路線はこれからトライアルを迎えます。
トライアルを走ればクラシックの勢力図がくっきり浮かんできますが
いろいろ想像を巡らせるのも競馬の楽しみの一つ。

ということで、トライアルを迎える前の
3歳牝馬クラシックを占ってみたいと思います。

なんといっても主役はハープスターです。

新潟2歳Sで見せた競馬がとにかく凄すぎます。

あのパフォーマンスはウオッカ、ブエナビスタなど
歴代の女傑と比較してもまったく遜色が無く
阪神ジュベナイルフィリーズも負けはしたものの
ハープスターの力を裏付ける内容だったので
無事に行けば桜花賞、オークスの2冠は堅いでしょう。

日本ダービーにも登録を済ませているとのことなので
ウオッカのようにダービーに出てくるかも知れませんね。

対抗するのはレッドリヴェールです。

泥んこ馬場の札幌2歳Sを勝ち、阪神JFではハープスターに競り勝つ
典型的なステイゴールド産駒といったパワー型の馬です。

スピードは未知数で、馬場的にはオークスよりも桜花賞の方に色気がありますが
距離はオークスの方が適応力があると思います。

3番手には上の2頭と差のない競馬をしたフォーエバーモア

クイーンCも完勝で確かな実力をアピール
ただ、追って味のない馬なので競り合いになると
どうしても分が悪くなる点は否めません。

それなら同レース2着、阪神JF6着のマジックタイムの方が
確かな末脚を持っている分、上位に食い込める可能性は高いでしょう。

フェアリーSを勝ったオメガハートロックも可能性がありますが
フェアリーSの相手があまりにも弱かった点が気になります。

それであれば桜花賞限定でクリスマスに一縷の望みがありそうです。
ただ、一本調子な馬なので、スプリントの方が向くでしょう。

2歳時に重賞2勝したホウライアキコは
阪神JFのレースから早熟の気配を漂わせています。
持って桜花賞までだと思いますが、厳しいというのが私の見解です。

朝日杯FSにチャレンジしたベルカントは気性に難ありなので
チャンスがあるとしたら桜花賞でしょう。

2歳時に活躍した馬達は軒並み厳しそうなので
今年走った中から活躍馬が出る可能性が高いです。

エルフィンS2着のショウナンパンドラはいい脚を
使っているのでもっと上のクラスでの競馬を見たいですね。

トライアル終了後に書いたクラシック戦線予想も良かったら見て下さい。

トライアル後の牝馬クラシック予想

スポンサードリンク